Compensation
産科医療補償制度
たかのす診療所では、全ての出産される方を対象に加入していただきます。
産科医療補償制度とは
About
産科医療補償制度は、分娩時なんらかの理由により重度の脳性麻痺となった赤ちゃんとご家族の経済的負担を速やかに補償する制度です。
原則的には体重が2000グラム以上、かつ、妊娠33週以上のお産で重度の脳性麻痺となった赤ちゃんが対象です。
下記も参照してください。
  • 補償内容は?

  • 看護・介護のために、600万円が準備一時金として、その他に総額2400万円が補償分割金として20年間にわたり支払われます。 詳しくは事務にお問い合せ下さい。
  • 産科医療補償制度の掛金について

  • 掛金は、 たかのす診療所が負担しますが、その負担に伴い分娩費が1万6千円(掛金相当額)高くなります。
    そのため、本制度加入機関管理下における22週以降の分娩(掛金徴収対象分娩)について、出産育児一時金が40万4千円から42万円となり、1万6千円引き上げられますので、実質負担はありません。
  • 出産一時金事前申請について

  • (お勧めしています。強制する申請ではありません!!)下図を参考にしてください。
    事前申請をしておけば、保険組合が42万円を医療機関に支払ってくれますので、あわただしく高額な出産費用を用意したり、面倒な書類の記入を慌ててすることもないというわけです。
    出産前の少し余裕のあるとき事前にこの出産一時申請書類を作成してしまえば、あとあと楽になるというわけです。
    ※産科医療保障制度に加入している「たかのす診療所」での出産は42万円となり、通常は40万4千円です。
お問い合わせ
0277-65-9229
メールでのお問い合わせはこちら
医療法人 山育会
社会福祉法人 徳昌会
コムケア有限会社