リハビリテーション科

リハビリテーションとは

病気やケガによって体が不自由になった機能を回復させるために、様々な手段や道具を用いて治療すること。
「完全に元の状態に戻すこと」を最終目的にするのではなく、「その人に合った生活に近づけるための治療」がリハビリテーションの目的とされています。

リハビリテーション科の基本方針

・患者様の権利や意思を尊重し、共に考えるサービスを提供します
・安全で効果的な質の高いリハビリテーションサービスを提供します
・地域の皆様に信頼され、安心してサービスを受けられる体制を整えます

リハビリテーション業務

外来でのリハビリ

医師の指示により外来通院でのリハサービスも実施しております。
ご希望の方は、来院前にお問い合わせください。

入院でのリハビリ

・理学療法(PT)

ベッド動作や車椅子への移乗動作、歩行動作などの自立や介助量軽減を目標に身体機能の向上を図ります。
病気により筋力や体力が低下した患者様に対して適切な運動を行い、機能向上を図ります。
また、長期療養の患者様に対しても可能な限り機能維持が図れるようサポートいたします。



・作業療法(OT)

病気やケガにより日常生活が困難となった患者様に対して、生活に必要な食事・トイレ・着替えなどの動作練習や補助具を用いて動作の工夫を行い、生活能力向上を図ります。
また、認知症の患者様に対しても状態に合わせた生活支援を行います。



・言語聴覚療法(ST)

失語症(上手く話せない、言葉が出にくい)、構音障害(呂律がまわらない)の患者様に対して、コミュニケーション能力の向上を図ります。
また、嚥下障害(ムセる・上手く食べられない)の患者様に対して、様々な評価を行いながら安全に食事がとれるよう支援いたします。



サービス内容

  • 他職種連携で患者様の治療にあたります
    ・患者様の状態や目標に応じて可能な限り複数名のセラピストがリハサービスを提供いたします。
     また、病棟スタッフとも連携し、日常生活動作の維持・改善に努めます。
     ※病気やケガを発症してからの期間や患者様の全身状態により複数名での対応が難しい場合もあります。
    ・定期的なカンファレンスの実施
     より効果的なサービス提供が行われるように他職種で意見交換を行います
    ・在宅退院に向けてのサポート
     必要に応じて、退院前に家屋環境の整備や動作指導を行う目的でご自宅に訪問させていただき、
     具体的なアドバイスをさせていただきます

    職員のスキルアップ、教育

    ・良質なサービス提供を行うために、スタッフ間でのミーティングや定期的な勉強会の開催
    ・卒後5年間の段階的な教育システム
    ・他職種新人教育のサポート

    専門職

    ・3学会合同呼吸療法認定士:2名
    ・認定理学療法士:脳卒中・呼吸:1名
    ・健康運動実践指導者:1名
    ・地域包括ケア推進リーダー:2名
    ・日本摂食嚥下学会認定士:1名